カテゴリ:心あたたまる 素敵なお話( 5 )

また、感動しました。

先日、またちょっと感動しました。
ある、お客様宅へお邪魔させていただいた時の事。


小学2年生の孫息子さんが、遊びに来ていて初対面の私に
「こんにちは」としっかりとした挨拶をしてくれました。
e0009862_19334089.gif
...たわいもない話の中で、私はそのお孫さんに
「おにいちゃんは、大きくなったら何になりたいの?」と聞くと

その子は『ゴミの収集車の人!』と元気よく答えました。
そして、こう言いました。


『僕が、ゴミを集めたら綺麗になるしきっと、たくさんの人がよろこんでくれるから!』と
目をキラキラさせながら、私に言いました。


私は、小学2年生でこんな立派な事を考えるこの子も立派だと思いましたが
そのように、教育したご両親を立派だと思いました。



私の心の隙間に、入り込んでいたホコリも綺麗に収集してくれたようで
なんだか、とてもいい気持ちになりました。


きっと、この親にしてこの子供
この社長にして、この会社(店)なんだなとつくづく思いました。
私も、まだまだ四半人前・・・・・頑張ろうっと!




私、店長がときどきつぶやいています
ツイッターはe0009862_23204974.jpgこちら


よろしければ、応援お願いします↓040.gif

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







★島屋呉服店 Official Homepage: http://www.simaya.net/


★お問合せ・ご感想等は:ken◆simaya.net
(迷惑メール対策の為◆印を@に変えて下さい)
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2011-03-10 19:35 | 心あたたまる 素敵なお話 | Comments(0)

最終章 春なのに・・・ 春だから・・・・ ハンカチ必死の感動高校生 最終章

ちょっと、日にちが空きすみません040.gif

実は、数日前から喉から胸にかけて違和感があり

病院で、検査する事になりました。038.gif

先生と、色々はなし その症状を元に

考えられる原因を聞かせてもらいましたが

最終的には、”胃カメラ”を飲む事になりました008.gif

↑こんな話をしても、せっかくのこれからの最終章が

台無しになるので、その話はまた今度018.gif

では、私の涙腺を決壊させた高校生の最終章ご覧下さい。

前章パート1とパート2をご覧になられていない方は
”春なのに・・・ 春だから・・・・ ハンカチ必死の感動高校生”
パート1はこちら
パート2はこちら

(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;


翌日、その高校生がが来店され社長と私で昨日の

ことを伝えると『本当ですか!』と、とても喜んでいました。

しばらくして、全てのきものが揃い私はその高校生と一緒に

ご自宅へ伺い彼のお婆様にお会いすることが出来
e0009862_12122773.gif


その手を見た瞬間、涙が溢れてきて止めようがありませんでした


 それは、彼が言っていた通りご苦労された様子がその手に現れていたからです。 

私はいつも、綺麗な着物を触らせていただきそのお婆様から

比べると何の苦労もしていないような手を、思わず隠してしまいまい

自分が恥ずかしくも思えました。


お婆様は、着物をご覧になり『どうしたの?これはどうしたの?』と繰り返していました。

 その高校生は『ばあちゃんには、今まで色々世話になったから

この着物をプレゼントしたいんだ、そして僕の卒業式には是非来て欲しいんだ』
 

まだ涙の、止まらない私と共にお婆様まで泣き始めると私もまた・・・・・

とても感動でいくつ涙があっても足りないくらいでした。

お婆様が喜ばれたのは、言うまでもありません。



卒業式も間近になったころ社長さんが

「あなたも、彼の卒業式に行って上げなさい」と言っていただき

言葉に甘えて彼の晴れ姿をこの目にしっかりと焼きつかせていただきました。 

卒業式が終わり、お婆様と彼と三人で記念写真を撮らせていただきましたが
e0009862_12191033.gif


その写真は仕事を辞めた今でも私の大切な宝物で何か辛いこと

苦しいことなどがある時、その写真を見ると自分が元気になります。 

その彼とは、今でも年賀状のやり取りはさせていただいております。


*店長から一言

私もきものを、販売させていただいている立場のものとして
このような経験を一生のうちに一度は経験したいと思います。
きっと、感動で仕事にならないと思いますが・・・・・・
今のご時世は、親子の間でもでも殺人が起きる時代なのに
まだこんなに、心の澄んだ学生さんが本当にいるなんて・・・・・
私も見習わなくてはいけませんね。






よかったら
クリックお願いしてもいいですか?↓040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





当店のホームページはこちら
e0009862_18451791.jpg

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2009-03-18 12:20 | 心あたたまる 素敵なお話 | Comments(2)

春なのに・・・ 春だから・・・・ ハンカチ必死の感動高校生 パート2

今日の札幌は、なんだかはっきりしないお天気で008.gif

穏やかだと思ったら、急に突風が吹いたり

今は、雪が降っています・・・・・

そんな足元の悪い中でも、わざわざ隣町から

着物を着て、ご来店くださったお客様もいらっしゃいます

ありがたい事ですね。  
e0009862_1931061.gif


昨日の ”春なのに・・・ 春だから・・・・ ハンカチ必死の感動高校生 パート1”
続いて、今日はパート2をどうぞ

パート1をご存知でない方は、先にそちらから
ご覧下さい→ こちらへ



(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;


私は、その高校生の話を聞いて今までに感じたことのない

すばらしい心の感動に包まれ胸がいっぱいになり

熱いものが私の頬を落ちていきました。001.gif
その彼のお祖母さんは、毎日着物でしたが

良く考えてみるといつも同じような汚れた着物で

家の中の仕事をしてくれていたそうです。

そして、時々ご近所の方が「いつも同じものばかり着て・・・・・」

いうようなことを祖母に言っているのを

聞いて自分で高校生のあいだに

色々なアルバイトをして貯めたお金があるので『どこに行っても

恥ずかしくない綺麗な着物をお祖母さんに着てもらい自分の

卒業式に来てもらえるのが夢なんです!』
と目を輝かせながら言うのです。

そして『おばさん、僕はこれだけのお金しかないんだけどきもの買えますか・・・・』と

言って、ぼろぼろになった茶色い封筒から

お札や1円玉まで足して25万円を出されました。


その時、私はこの25万円はその金額以上の値のあるものと思いました。 

「おばあさんに、どんな着物を着せて上げたいの?」と私が聞くと

彼がジーと店内を探して『これがいいと思います』といって

広げてみた着物と帯ははとてもとても素敵な着物でしたが彼の

貯めたお金では残念ながら、手の届くものでは有りませんでしたが

お店の社長さんに相談してみようと思いましたがあいにくの留守でお店には私一人。 



 まだ、今のように携帯電話もない頃でしたから

連絡の取りようも有りませんでしたが

私はその子の事を自分の子供のように思え

「私がなんとか、社長にお願いしてみるね」と言いましたがもし無理でも

差額は私がその子の為に払うつもりでした。

彼のおばあさんを思う心の美しさはは、私をそう思わせるに十分すぎるほどの感動でした。

 『では、また明日来てみます』と彼は帰られました。

その日は、その高校生が帰ってからどうしても社長にお話したくて

社長のお宅へお邪魔しましてその日の出来事を

全部 奥様にも聞いていただきました。

すると、社長さんが「そうか、・・・・・25万も、いただけないな・・・・・・

草履やコートも選んでいただきなさい」
と言っていただき

社長の奥様からは新品のかんざし、ショール、バックや

小物までその彼にプレゼントして下さいといただきました。

社長ご夫妻の、ご配慮にも感動してその日の私は家に

帰っても嬉しくて涙が止まらなかったのを覚えています。

e0009862_1914582.gif




感動の最終章 3へ つづく・・・・・056.gif




※ブログに書いている間も、私の涙腺は戦っています072.gif








よかったら
クリックお願いしてもいいですか?↓040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





当店のホームページはこちら
e0009862_18451791.jpg

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2009-03-14 19:08 | 心あたたまる 素敵なお話 | Comments(2)

春なのに・・・ 春だから・・・・ ハンカチ必死の感動高校生 パート1

以前、とても吹雪いているときがあり

窓の外のその、吹雪を見て先日アップしましたブログ

内容を思い出しました→こちら

そして、この時期にはまたもうひとつの

素敵な手紙を思い出します。

   私(店長)の娘は、この春保育園を卒園します。

卒園(卒業)の時期になると、ずいぶん前に以前

当店のような小さな呉服屋さんで、お勤めされていた方から

いただいたお手紙を思い出します。


今日は、そのお手紙の内容を私のホームページから

ご紹介いたします。

長文ですので、数回に分けてご紹介いたします

きっと心が温かくなると思います。



(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;


”私の宝物”



私は、以前小さな小さな町の呉服屋さんで

勤めておりましたがおそらく一生忘れない経験をしました。

何の変化もない、ある日の閉店間際に、制服を着た男子高校生

『まだいいですか?』と来られました。
e0009862_23352899.jpg


何かお探しですか?と聞くと

『おばあさんに、きものをプレゼントしたい』との事でした。

よく話を聞かせていただくと、彼は幼い頃に母をなくして父と祖母の3人

住んでいるとのことで家の中の仕事は、ほとんど彼のおばあさんがされ

その仕事が終わると外に出て農家さんの仕事の手伝いをしていたそうです。 

彼曰く『小さい時から家は、貧乏で母がなくなってからはおばあさんが

母親代わりで、はいつも自分が犠牲になって僕を育ててくれました。

 服を買えなくても、おばあさんは自分の着物をほどいて服を作ってくれたり

自分の食べたいものまで、僕にくれてここまで育ててもらい

たくさんの苦労をかけたので、絶対に自分の卒業式には

僕の服を作ってくれた分の綺麗なきもの姿で

自分の晴れ姿を見てもらいたい』
とのことでした。


パートⅡへ つづく・・・・・

(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;





よかったら
クリックお願いしてもいいですか?↓040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





当店のホームページはこちら
e0009862_18451791.jpg

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2009-03-13 23:44 | 心あたたまる 素敵なお話 | Comments(0)

母からのプレゼント・・・・ハンカチのご用意を

リンクをたどって、私のブログにお越しいただいた方も

いらっしゃると思うのですが、当店のホームページを

ご覧いただいた事はございますか?

見たことあるっと言う方は、きっと

「変な、ホームページ」と思った方がほとんどだと思います。
e0009862_18113257.jpg

もともと、私がホームページを作るきっかけになったのは

ホームページで商品を、売りたいためではなく

きもの好きの方に、少しでもきものに関することで

喜んでいただけたら・・・
と言う思いで何のホームページ作成の

知識もないまま(今もありません)、作り始めたのであのような

ホームページになっています。

そんな中で、「きものに関する素敵なお話」

募集させていただいた中で、下記のようなお話を

いただきました。

何回読んでも、涙が止まらず胸が熱くなり寂しくも

心打たれるお話で、男性からも『感動した!』と

ご感想をいただいたこともあります。


以前、仕事で名刺交換させていただいた男性も

お酒の席で『島崎さんのホームページを見て俺は

不覚にも涙が止まらなかった 本当に感動した!』
と言われました。


昨日の大吹雪を店の窓から見ていて、これから

ご紹介する、風景を思い出しました。

情景を、思いながら読んで頂けると幸いです。

(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;(・。・;

”母からのプレゼント”


私が高校3年生でもう少しで卒業を向かえるころのことでした
その日は季節はずれの、猛吹雪で帰るのも大変でした。
私は、かさを持っていなかったのでコートのフードをかぶり目を
開けるのもままならない状態で顔は真っ赤になり下を向きながら
家へと向かっていました。
 


一瞬ですがふと、吹雪が止んだ気がして顔をあげてみると
そこには、今にも折れそうな傘を持っている女性がいました。
ハッと思い、私は「おかあさん?」と聞くと何も言わずうなずきました。
e0009862_1531091.jpg


私が小学4年の時に父と離婚した母でした。
時々、通学の私を見ていたのですが、今日は声を
掛けずにはいられなかったとのことでした。


離婚の理由と、なぜ私が父方に預けられたかは
分かりませんが母とはその時以来の再開でした。 
母の、車に乗って色々なことを話しました。 


友達は沢山いるかとか、お父さんはちゃんとしてくれるかとか
進路はどうするとか・・・あっという間に時間は経ち
「そろそろ送っていかないとね・・・」という母に私は
「お母さん、連絡先を教えて」と聞くと
「それだけは今の家族がいるから教えられないの、本当にごめんね。


でも、私から会いに行くから・・・」とのことでした。 
私は残念でなりませんでしたが、母の幸せのために
それ以上聞くことはできませんでした。

 ただ母は、「時々あなたの姿を遠くで見ていたの」とのことでした。  
私は、残念ながら、またの再会を望み母と分かれました。
春になり私は地元に就職が決まり、働いていたその年の
冬のことでした、会社に私宛の荷物が届きました。


それは母からの振袖のプレゼントで手紙が添えてありました・・・・
『京子(仮名)、早いものであなたももう成人を迎えますね。
今まで母親らしいことをしたくても出来なかったのですが
これだけは受け取ってください。


ただ帯だけはどうしても揃えてあげる事が出来なかったので
お祖母ちゃんからもらった帯で振袖に合いそうだったので
一緒に送りました(新品じゃなくてごめんなさい)

そばにいてあげることは出来ないけど
遠くから京子をいつまでも見守って
いますので頑張って下さい。

あなたは私の自慢の娘ですから
何があっても乗り越えていけると思います。   母より』


帯からは、母やおばあちゃんの香りがして本当に
包まれている思いがしました。
帯はだいぶ、着た感じのするものでしたが

私の母とおばあさんの想い
入っていると思うと思わずその帯を握りしめ
声を上げて泣いてしまいシミをつけてしまいました。


下校のときに、母とあったときでも涙は出なかったのですが
その振袖と帯を見たときは涙が止まりませんでした。 
会社の社長から「君の母は立派な人だね、成人式には必ず
このきものを着るんだよ。どんなに離れていても
子を思う母の気持ちは変わらないからね。」
と言ってくれ
会社の人みんなで泣いてしまいました。


成人式の時は、どこかに母が見てくれているのではないかと思い
探していましたが、残念ながらその後も母に合うことは出来ませんでした。
お母さんのお陰で、素敵な振袖を着ることが出来ました。

今は、この母からもらった振袖をいつまでも大切にして自分の
子供に着せてみたいと思っています。
お母さんありがとう、離れていても私はいつまでもあなたの子供です。
お母さんはいつまでも私の自慢の母です。




みなさんも、きものに関する素敵なお話があれば、是非お知らせ下さい。



私、店長がときどきつぶやいています
ツイッターはe0009862_23204974.jpgこちら


よろしければ、応援お願いします↓040.gif

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村

人気ブログランキングへ







★島屋呉服店 Official Homepage: http://www.simaya.net/


★お問合せ・ご感想等は:ken◆simaya.net
(迷惑メール対策の為◆印を@に変えて下さい)
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2009-02-22 17:04 | 心あたたまる 素敵なお話 | Comments(0)


日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業79年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

カテゴリ

全体
きものビギナーの方へ
きもののある風景
店長の独り言
心あたたまる 素敵なお話
メディアへの掲載
イベント・展示会のお知らせ
きものでのお稽古
オススメのお品!
きもの ビフォアー & アフター
男物
未分類

最新のコメント

>シノブさま コメント..
by simaya_tanuki8 at 11:39
江戸小紋どれも素敵で、ず..
by シノブ at 23:36
こんにちは! その節は大..
by simaya_tanuki8 at 21:54
月曜昼近くに伺い、長居し..
by akemifa at 21:28
ありがとうございます! ..
by simaya_tanuki8 at 00:43
良いですね〜^ ^
by もも at 21:01
マー子さん お返事が誠..
by simaya_tanuki8 at 18:10
店長さん、島屋の皆さんい..
by マー子 at 23:58
小原さま コメント感謝し..
by simaya_tanuki8 at 19:55
島屋さま、はじめまして。..
by 小原美都 at 20:09

メモ帳

みなさん、こんにちは ブログってナニ?と思ってから早○○ヶ月・・・やっと本腰上げて作ろうと思ってみましたが、イマイチわからず当店の上の十石 TENSTONEの店長さんに教えてもらってはじまりました~
でも、どんな風になるかわ分りません(^_^;)

当店のホームページへ

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

フォロー中のブログ

器・UTSUWA&陶芸blog
福うさぎの工房

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧