匠・・・

刺繍には色々な種類があります
普通に生活していて、よく目にするのが
一般に言われる、「ワッペン」と呼ばれるものもそうですね

でも、着物の世界になると”ち”と訳が違ってきます。
すわとう刺繍・さがら刺繍・日本刺繍・・・・と色々あります
刺繍を施した、着物は出来るだけ若い(元気)な時に
お召しになってくださいね
e0009862_1959952.jpg

とういのも、きものの刺繍と言うのは本来織りあがった
きものにプラスして糸で刺繍をするので、その刺繍分の
糸の重さが、加わりますので重くなるのです。

画像のような、すわとう刺繍は一見刺繍しているところが”すき間”の
ように見えて軽く感じますが、隙間の部分の繊維を切り取りしているわけではないので
手が込めば込むほど、糸の重さが加わります。

ただ、デメリットばかりではありません!
よい面もたくさんあります
まず、豪華に見える
重みのある分、しっとりとする
すわとう刺繍の場合、裏地の色が見えるので
色合い次第では、よりおしゃれ感がアップする

やっぱりなんと言っても、デメリットもありますが
メリットはそれを全てカバーして、おつりがくるきものだから
素敵なのでしょう!
e0009862_19592671.jpg

私も着て見たいけど、男物ですわとう刺繍のきものってあんまり
見ないですね(^_^;)
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2005-11-25 20:01 | きもののある風景 | Comments(0)

日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業80年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30