人気ブログランキング |

藍に悩んだ息子さんと、藍に誇りを持つ藍染職人親子さん

既に、一年の折り返しです。 先日、取引のある工房から
来年の干支の染物の件で連絡がありました。
もう、来年の話をしても鬼が笑わない季節になりました。
私の業界では、これから工房メーカーから届くお知らせはほとんど秋冬物の事です。
時間のかかるものだと、来年の春夏物の打ち合わせもちょこちょこと・・・・
私も、既に来年のゆかた帯の発注をちょこちょこ入れ始めています。

年々感じるのは、腕のいい手仕事職人さんの高年齢かと後継者不足は大変な問題で
やはりある程度の技術を身につけるには10年は必要なのですが
興味があってモノづくりの世界に入っても、そこに行くまでに
辞めてしまうことがとても多いのが現状です。

当店にも、多少海外で作られたお手頃価格のゆかたがありますが
出来るだけ日本の伝統文化の和服関係は日本人の職人さんの
手がかかった作品にこだわって行きたいと思います。

お陰さまで札幌で創業したきもの屋では、一番古いお店になりました。
全国には、まだまだ歴史があり立派な呉服屋さんがあるので、まだまだひよっこですが・・・(笑

祖母が苦労して創業して76年過たち、札幌では「老舗」と呼ばれるように
なりましたが文字のごとく「老いた舗」にはならないように
お客様が楽しんでいただける老舗になれるように頑張ろうと昨日
神棚のお水を変えて3年前に亡くなった初代の写真を見ながら、気持ちを新たにしました。


写真は昨年、工房へおじゃましました本藍染職人さんの親子の手。
e0009862_10554862.jpg
左の息子さんは、爪が藍に染まるのが初めのうちは嫌で嫌でたまらなかったそうです。
 どこに行っても、人前で手を出すのが恥ずかしく、出かけるときは
念入りに爪をブラシで洗っても取れない藍染の仕事が大嫌いだったそうですが
たくさんの人に認められている作品と真剣に仕事をしている父の手を見て
思い直し『自分もいつか、父のような手になれるようになりたい。』と思い
今は職人道を歩んでいます。

日本にはコツコツと頑張っている職人さんが、いてくれるので
応援しながら私は、そんな職人さんの思いがいっぱい詰まった作品を
お客様にお伝えさせていただけるように頑張ります。


よろしければ、下のアイコン3つのをクリックして応援お願いします↓040.gif
着物・和装

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif

人気ブログランキングへ



私、店長がときどきつぶやいています
ツイッターはe0009862_23204974.jpgこちら





★島屋呉服店 Official Homepage: http://www.simaya.net/


★お問合せ・ご感想等は:ken◆simaya.net
(迷惑メール対策の為◆印を@に変えて下さい)
by simaya_tanuki8 | 2014-07-02 10:59 | 店長の独り言 | Comments(0)

日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業81年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31