島屋オリジナル 一点もの読谷山花織名古屋帯

当店オリジナル 【 経済産業大臣指定 伝統的工芸品 】

手織 読谷山(よみたんさん)花織九寸名古屋帯

e0009862_18452714.jpg
みなさんは、この帯をご覧になられて
どんな柄だと感じられましたか。

見た方のイメージでご覧いただければ幸いです。

私のイメージは、真夏の濃い青い空ではなく
冬の雪国の、薄く青いそらに雪が舞い降りる
イメージです。
e0009862_1847359.jpg
制作タイトルは『雪の結晶』

技術的には、本当の雪の結晶柄でも出来るのですが
そうなると、冬のイメージが強くなり
ほかのシーズンでも、合わせやすいように
このような花織にいたしました。
e0009862_18451670.jpg
今回は、あえて同系色のブルーの結城紬に合わせてみました。
e0009862_1847236.jpg
店頭にてご覧いただけますが、一点ものなので
売り切れの際はご了承くださいませ。


※この読谷山花織は『幻の花織』とも言われます。

読谷山花織は1300年代~1400年代に
中国や東南アジア諸国との交易が盛んで
多くの交易品と共に、読谷山花織のルーツとなる
絣や浮織の技法も伝来しました。

伝来した技法を元に琉球王府時代には読谷山花織として
独自に織られ、受け継がれてきました。

しかし、その染織技術は明治時代の中頃から時代の波に
押され衰退しつつあり、沖縄戦争後は人々の記憶から
すっかり忘れ去られ、「幻の花織」となっていました。

 このような約600年の歴史を誇る読谷山花織は
絶滅寸前となっていましたが、1964年に読谷村の
情熱ある有志によって約90年ぶりに「幻の花織」が復活しました。

当初は愛好会から、読谷山花織事業協同組合の
組織へと発展し、現在では沖縄県指定無形文化財
経済産業大臣指定伝統的工芸品として
全国に多く知られるようになりました。
e0009862_1846684.jpg
※経済産業大臣指定伝統的工芸品とは
伝産法(伝統的工芸品産業の振興に関する法律)に
基づき経済産業大臣が指定したもので
その条件は大まかに以下の通りです。
e0009862_18445544.jpg
1. 日常生活で使用する工芸品であること。

2. 製造過程の主要部分は手工業的(高度な手作品)であること。

3. 伝統的技術・技法によって製造されるものであること。(製造する技術または技法が100年以上の歴史を有し、今日まで継続していること)

4. 伝統的に使用されてきた原材料を使用していること。

5. 一定の地域で産地形成されていること。
e0009862_18453942.jpg



帯産地:沖縄県読谷村
品質:絹100%


よろしければ、下のアイコン3つのをクリックして応援お願いします↓040.gif
着物・和装

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif

人気ブログランキングへ



私、店長がときどきつぶやいています
ツイッターはe0009862_23204974.jpgこちら





★島屋呉服店 Official Homepage: http://www.simaya.net/


★お問合せ・ご感想等は:ken◆simaya.net
(迷惑メール対策の為◆印を@に変えて下さい)
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2015-01-30 18:54 | オススメのお品! | Comments(0)

日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業80年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31