全然履いていない防寒草履を履くとこうなってしまいました( ;∀;)

"防寒草履"をご存知でしょうか?
e0009862_13445194.jpg
北海道東北地方を中心に雪国の方は
そんなの当たり前でしょ。と
思っている方もいると思いますが
雪とは、ほぼ無縁の地域にお住いの方は
聞いたことはあるけど、事物を見たり触ったりしたことはないと
いう方もいらっしゃいます。
e0009862_13445288.jpg

実際に、私も地方からいらした方に防寒草履をご覧いただき
「これが防寒草履ですか?!」と言われたこともあります。
e0009862_13445411.jpg
防寒草履は、ご覧の通りつま先から
”爪皮(つまかわ)”とい、雪からつま先を守ってくれる
カバー的なものがついています。
e0009862_13445634.jpg
私は、幼いころから自宅の玄関に
冬は男物も女物も防寒草履があったので
全く気にも留めていませんでしたが
雪とは無縁の地域の方には、ご縁がないですね。

草履職人さんと、お話しした時に困ったことになっていることを知りました。
この爪皮を作るメーカーさんが、無くなってしまうかもしれないとのこと。


普通の草履は下駄は、日本全国どこでも季節で
履くことができますが、防寒草履を履く地域は
決まっているので、爪皮の生産数が減っていて
爪皮を作る職人さんの、後継ぎさんが不在で
このままいくと、近い将来爪皮が無くなってしまうかも。
とのことです。


これは、我々道民や東北地方そして雪国の
きものファンには心配なことだと思います。


爪皮が、透明なビニール素材のものもありますが
このような爪皮とは違い、どちらかというと
雨の時のイメージですね。


爪皮にも、色々な種類があり
見ただけでも、暖かそうなアザラシの毛皮の物も
あります。

何とか、素晴らしい日本文化の履物をいつまでも
存続できるようにしてほしいです。



話は変わりますが、こちらの防寒草履は
足を乗せる台のところが、アザラシの毛皮で
できています。
e0009862_13443922.jpg
また、毛並みがつま先がつま先側に向いているので
その流れで、するっと足が入り、脱げにくいという
素晴らしい特性があります。



こちらの、防寒草履の方から先日連絡があり

『全然履いていない防寒草履を履いたら鼻緒がおかしくなりました』と
いうことで、拝見させていただいたのがこんな感じです。
e0009862_13444037.jpg
みなさんも、経験があるかもしれませんが
洋服の時の靴でも、長い期間履いていないで
保管しておくと、逆に靴が乾燥して
ちょっとした力が加わると、ひび割れした経験はありませんか?
e0009862_1345416.jpg
この防寒草履は、まさにそんな感じのものでした。


そこで、鼻緒だけ新しいものに変えさせていただいて
こんな感じになりました。
e0009862_13451849.jpg

e0009862_13451491.jpg

e0009862_13452053.jpg
お客様に、満足してもらえると嬉しいです(^^♪

みなさんも、草履や下駄でなにかお悩みのことがありましたら
どんなことでも、お気軽にコチラよりお問い合わせください。

できるだけ、また履けるようにあなたの為に頑張ります(^O^)/





よろしければ、下のアイコン3つのをクリックして応援お願いします↓040.gif
着物・和装

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif

人気ブログランキングへ



私、店長がときどきつぶやいています
ツイッターはe0009862_23204974.jpgこちら





★島屋呉服店 Official Homepage: http://www.simaya.net/


★お問合せ・ご感想等は:ken◆simaya.net
(迷惑メール対策の為◆印を@に変えて下さい)
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2016-01-21 13:58 | きもの ビフォアー & アフター | Comments(0)

日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業80年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30