職人の道具

前回は、お世話になっているお仕立士の方をご紹介しましたが

きものが出来るまでには、色々な職人さんの技術のお陰で

出来上がります
が、最後の手間をかけるのは

お仕立ての職人さんかも知れませんね。051.gif

きものが出来上がるまでの行程を、ざっと言うと

糸となる、繭を育てるところからはじまり

その繭から糸を引き、先染めのものは染をして

機織をして、反物になる・・・・・


チョット考えると、こうなのですが 実はもっともっと奥深い作業が

行われていてお店に並んでいます。056.gif
e0009862_172971.jpg

今日は、白生地に柄を染めていく職人さんで

型染めをする方には、なくてはならないものがこの写真です。

もちろん、職人さんによって使う型紙の種類や刷毛の種類も

色々あります。066.gif

今は、なかなか職人さんが育たないとの・・・・・・

日本文化のきものまで、全て海外で機械で作られてしまう

時代が来ない事を願います。
040.gif

国も、もう少しこの技術をなくさないで伝承されるよい

仕組みを考えて欲しいものです。

がんばれ~ 日本人の職人さん!

そして、職人さんを目指している方々!
003.gif






よかったら
クリックお願いしてもいいですか?↓040.gif
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ040.gif
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





当店のホームページはこちら
e0009862_18451791.jpg

by simaya_tanuki8 | 2009-03-31 17:32 | 店長の独り言 | Comments(0)

日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業80年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31