<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

こんな着付け教室には気をつけて!

きもの初心者の方から、ご相談が多い中で
無料着付け教室の事があります。

*これから、書くことはすべての無料着付け教室に該当するとは
限りません。
029.gif

一般的に、きもの初心者の方は
ご自分で着付けを出来る方は、とても少ないと思います。


きもの初心者=きものには興味がある+きものは出来たら自分で着てみたい
となれば「出来るだけ安く着付けを覚えたい」003.gif
と言うのが
きもの初心者の本音ではないではないでしょうか?

そんな時に、どこかでささやきが聞こえてきます・・・・・
『無料着付け教室 ○ヶ月無料!』030.gif

昔からの言葉で
『タダより高いものは無い』という言葉がありますね

皆さん無料着付け教室はどうして無料だと思いますか?
一般的に、言われているのが
「きもの業界(メーカー、問屋さんなど)が
きものの振興普及のために、協賛金を補助してくれているから
無料に出来るんです!」なんて
無料着付け教室は、うたっていますが
本当に、そうなのでしょうか?050.gif

呉服業界の流通は、最盛期の4分の1から
5分の1にまで縮小されたと言われています。
007.gif

また、販売方法の良し悪しは別として
近年、業界最王手の小売店まで
倒産していて、当然 その連鎖で
ものすごい数の、メーカーや問屋さんが

被害を受け、最悪の場合は
リストラはもちろん、倒産しても
おかしくない状態になっています。



そんな中で、どの企業もどこから協賛金が出るの?!と
いうのが現状だと思います。
008.gif

そんな中で、「無料着付け教室」に協賛金を
出せるところがあれば、私は教えていただきたい。


たとえば、ある「無料着付け教室」は
芸能人を起用して、広告PRをして
さらに、テレビコマーシャル・・・・・・
おまけに、とても上質な紙にオールカラーで
芸能人を起用して印刷された新聞折込チラシによる勧誘


そのチラシには、無料着付け教室の場所などが
記載されています。
しかも、その教室の場所は大変交通の便がいいところで
一般的には、その場所を借りるためにお金を払わなければ
借りられないところが、ほとんどです。

さぁ、ちょっと現実に戻りましょう~

1、無料着付け教室はの場所は、誰かがその場所の
  お金を払わないと、借りることが出来ない場所です
  すなわち、金額はいくらであれ”賃料”が発生します。
  その賃料は、誰が払うの?
034.gif

2、教室を借りたら、光熱費が別途掛かる場合があります
  その光熱費は、誰が払うの?
034.gif

3、無料着付け教室は誰が教えるんだろう
  当然、その教室には「着付けの先生」と言われる方がいます
  では、その「着付けの先生」は”ボランティア”教えているのだろうか?
  当然、先生だって自宅からその教室に通うのに交通費だって
  掛かっている。
 
  先生だから、当然着物姿で教室に行くから
  もんぺ姿で自転車で来るわけではないと思う(笑
  では、その先生の講師代は誰が払うの?

034.gif

4、情報誌、折込チラシやテレビCM制作費などの広告は無料で 
  今のご時世、受けてくれるのでしょうか?
  もし、無料でチラシや情報を載せてもいいよ~と
  言うところがあれば、私もお願いしたいので
  是非、教えてください!

  では、この広告宣伝費は誰が払うの?


5、中には、有名な芸能人をを起用して広告を
  しているところもありますが、その芸能人は
  当然?!ボランティアか無料で起用しているのでしょうか?

  もし、無料なら当店のPRもして欲しいので教えてください!
  では、その芸能人のギャラは誰が払っているの?


※細かいことを言うと、まだありますが省略します。

ザッとあげて1~5の代金は誰が払っているのでしょうか?
凄いですね~『無料着付け教室』さんの運営力は~
038.gif
”本当に無料なら”どこかの国の資産家が
『日本の国の、伝統文化をなくしてはならん!』と
全国の無料着付け教室を維持する費用を
ド~ンと寄付してくれているのでしょうね
コワ~(笑


自分で書いていて、怖くなってきたので
今日はココまで(悲;040.gif
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-26 18:30 | きものビギナーの方へ | Comments(5)

きものビギナーのお店選び

久々の更新ですみません(;_;)/~~~

前回の、ブログでびっくりしました

何かというと、メールで沢山お問い合わせをいただきました

その中で、似たようなメールが数件ありましたので・・・・・・


*前後文を省略いたします。(掲載に関して、ご本人様の承諾をいただいています)

『私は、きもの初心者で○○県の○○市に住んでいます。
以前、全く、きものの知識が無いのでよく行く
ショッピングストアーに有名な呉服チェーンのお店が
あるので、そこに行ってきものの事を聞いてみようと思い
行くと、私の質問の返答も無いまま
お客様には、これがお似合いと言われ
きものを着せられて、何がなんだか
分からないうちに、金額が○○十万円まで
お値引きして、今決めていただければ
さらに、○万円値引きいたしますから
是非、お買い求めください』とお店の方に
数人に囲まれてしまいましたが、私には
全く、そのきものがその金額に値するものなのかが
分かりませんでしたが、お店の方が
「当店は、全国にお店があるのでもし
ご主人様が転勤になられて、ほかの地域に行かれても
アフター体制もしっかりしていますので全くご心配は要りません」と言われて、
何がなんだか分からないうちに、買う事になり
私も、無知で後から後悔と反省しましたが
買ってしまいました。

その後、よく考えるとあまり自分の好きな
柄ではなかったので、キャンセルしたいと
言いましたら、「もうお仕立てに入っているので
キャンセルは出来ません」と一方的に言われ
渋々、買うことになりました。

やっぱり、仕立てあがっても自分の好きなものではないので
一度も、たんすから出したことはありません。
でも、やっぱりきものが好きなので
私の住む○○県の○○市近郊の
いいお店を、紹介してください。




とうい内容のメール(上記のメールに類似したもの)を数件いただきました。

大変な思いをされて、初めてのきものを買ってしまい
そのお気持ちは、私もよく分かりますので
お店も、規模も違いますが同業者として
お詫びしたい気持ちです

また、残念ながら私のほうでは
どのお店が、言いか悪いかということは
まことに申し訳ございませんが、分かりませんので
「○○きもの店がいいですよ」とはいえない状況でございます。


また、もし上記のお客様のような状態に
なりましたら、一度 各都道府県の
消費者センターへご相談されてみてください。



追伸、お問い合わせいただきました皆様へ
お力になれず、大変申し訳ございませんでした。

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-24 23:44 | きものビギナーの方へ | Comments(0)

きものビギナーの方へ 1


お陰さまで、きもの文化が見直されてきた今日このごろ・・・・・ 
 
今まで、きものに興味がなかったのに 
 
いつの間にか、興味が出てきたあなた~
 
 
『着物を着てみたいな~』
と思っても 
 
何をどうしていいのやら?!! 
 
 
初めてきものを、見に行く(買いに行く)時に 
 
一番大切なのは、お店選びだと思います。 
 
今はだいぶ減りましたが 
 
きもの初心者の方が、洋服のお店感覚で 
 
きもの屋さんに入って、着物を見ていると 
 
店員さんに、声をかけられ 訳のわからないまま 
 
店員さんに、「これがいい」 「あれがいい」と着付けられて 
 
気がつくと、周りにお店の人がたくさんいて 
 
初めて入ったお店だから、当然お店の人たちも 
 
あなたの好みを、全く分からないにもかかわらず 
 
「絶対にこれがいいですよ~ お似合いですヨ~」と 
 
周りからも言われて、自分ではなんだか分からないけど 
 
「そっか~ これが似合っているんだ~」などと 
 
思ってしまったり、着付けされたきものが 
 
全然、タイプではないのにお店の人に圧倒されて 
 
そのお店から、出たいのにそれも出来ないで 
 
いつの間にか、見積書(納品書)に 
 
今、着付けされているきもの、帯や小物一式の 
 
金額まで、書かれてしまい 
 
いつの間にか、『買わないとこの場の雰囲気に押されそう』
 
 
なんてことが、実際にあったんです(まだ、あるお店ではそうですが(;_;)/~~~) 
 
 
↑↑↑みたいな事になると、「絶対、もう呉服屋さんなんかに行かない!」って 
 
事になりますね。 
 
 
もし、もうそういう体験をされた方 
 
同じ、きものを扱う者としてお詫びいたします。 
 
 
でも、当店では一切そんなことはしてませんのでご安心下さい。 
 
 
今は便利なもので、今 あなたが見ている 
 
インターネットを通してこのように 
 
きもの屋のホームページを見ることが出来ますが 
 
「やっぱり、買うときは実際に見て触ってみたい」と言う方も 
 
たくさんいる事も、これまた事実ですから 
 
やっぱり、信頼できるお店に行くのが一番です。 
 
そして、自分がどの様にして今後きものを 
 
楽しんで行きたいかを、お店の人に伝えて 
 
自分の、好みを伝えるのがいいと思いますよ。
 
 
 
もし、あなたがどの様にしてきものを楽しみたいかを 
 
まだ、はっきり自分で分からなければ 
 
信用のあるお店の、信用の出来る店員さんに相談してみましょう! 
 
 
 
例えば・・・ 
 
「私は、パーティーやお呼ばれの席がメインでの 
 
 きものを楽しみたい」
と思うのと 
 
「私は、日常生活の中できものを楽しみたい」 
 
と思うのでは、全くきものが違ってきます。 
 
例えば、パーティーなどをメインと考えると 
 
一般的には、訪問着といわれるきものが 
 
言いといわれています
 例えばコレです 
 
または、こんな感じです ⇒ココ 
 
 
そして、日常とかお休みの人か気張らないで、友達と会って 
 
映画を見るとか、ケーキバイキングに行くとか(私も行きたい(笑 
 
になると小紋(こもん)や紬(つむぎ)
メインとなりますが 
 
こんな感じの木綿のきものも◎ ⇒コレです 
 
この、木綿のきものは一般の木綿のきものと比べると 
 
糸に2000回以上の、撚りをかけて織っているので 
 
木綿独特の、もたもた感がなくとても着やすいのが大好評です。 
 
 
更に普段着の小紋でしたら こんな感じのも◎ ⇒コレです 
 
また、こんな感じのもオススメです ⇒コレです 
 
そして、紬だと私はこんな感じのタイプもオススメです ⇒コレです 
 
また、一生もの紬ならこれもオススメです ⇒コレです 
 
 
どのきものも、いい味が出てます(しょっぱくはないです(笑 
 
ほんの少ししか、参考でご紹介していませんので 
 
分かりにくくて、すみませんが 最終的には 
 
一度、きもの好きのお友達や周りの方に聞いて 
 
「このお店なら、大丈夫」というところに 
 
行ってみては、いかがでしょうか 
 
どうしても、どの店に行っていいか分からなければ 
 
迷わず、当店へどうぞ(笑
 
 
 
きっと、あなたの知らないステキな 
 
世界に誇る、日本文化に感動されることでしょう!


[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-18 01:04 | きものビギナーの方へ | Comments(2)

玄関に・・・・・

e0009862_18391273.jpg



私は、商売柄 お客様のお宅にお邪魔する事があります。

そんな時に、なんとなく玄関に下駄や草履があると和みます


みなさんも、ゆかたの時に履いた

下駄などを、玄関の隅に置いてみてはいかがでしょうか



きっと、なんでもない玄関がその下駄を置くだけで

雰囲気が、ガラリと変りますよ。
003.gif

先日も、お伺いしたお客様の玄関に

ご主人さんと、ペアの桐下駄があり

思わず、ステキだな~と言ってしまいました。043.gif
e0009862_1842511.jpg


[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-13 18:44 | きもののある風景 | Comments(0)

チョットだけ島屋 パートⅡ

e0009862_1846396.jpg


少し時間が空きましたが、前回の「チョットだけ島屋」
続きを書いてみます。

さて、初代の言葉として

『誠実と信頼は無形の財産』という言葉があります

その信念の元、島屋はコツコツと商売をさせていただいていた

ある日、現在はファッションビルと言われるコスモビルが建設されるという事で

そこに、テナントとして出店して欲しいと要望があったそうです。

上の写真は、1970年のコスモ時代の島屋の写真です。

売り場は、写真よりまだまだ広く 小物専門のコーナーもあり

当時、札幌では最大級の小物売り場でした。

ひょっとしたら、小物売り場だけで現在の島屋くらいあったかも・・・・


コスモに出店店当時は、コスモ自体が

コスモデパートととして、百貨店のような形態を目指していたようで

1Fは化粧品売り場がメインで

最上階が、レストランでした。063.gif068.gif

島屋は4階で、当店を入れて呉服屋さんが3店舗

華道の専門のお店と、茶道専門店が1店舗ずつで

4階は、全て和に関するフロアーでしたが

そのうち、1件抜けて「泥んこエステ」が入り

更に、1店舗抜けその後に眼鏡屋さんが入り・・・・・

最後に和の関係の、お店は島屋だけになってしまい

和の相乗効果で、4階にまで来ていただいた

お客様の足が、パタリと止まってしまい

今の狸小路八丁目まで、車を取りに来て

その車で、コスモの横に止めて

店に上がり、風呂敷やダンボール箱に商品を詰めて

毎日、お客様のお宅にお邪魔するという

スタイルに変化していきました。007.gif


島屋が、コスモに入店している間

狸小路のお店は、ただ空き家にしていたので

取り壊して、テナントビルにしました。↓



e0009862_18515410.jpg



そして、今の狸小路の島屋のところには

ずーと、アンティークショップが入っていましたが


コスモも、開業当時から比べると全くお客様の層が

変ってしまい、中・高生のファッションビルへと

変化していきましたので、ちょうど現島屋の場所の

アンティークショップが、移転するのに場所が開いたので

コスモを離れ、現在の狸小路8丁目にお店を戻したのが

昭和59年
です。



島屋が、狸小路に戻ってくる事が分かっていれば

今の、島屋のような内装にはしなかったと思いますが

テナントビルとして、建てたのではじめての方には

入りにくいお店ですみません040.gif


ただ、お陰様で当店のモットーは

『押し売りしない』
ですから、一度ご来店下さり

島屋のメンバーと少しでも、お話させていただけたら

『居心地のいいお店』と言ってくださるので

ありがたい限りです。 ”感謝 感謝”003.gif
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-12 19:05 | 店長の独り言 | Comments(0)

お陰様で、無事終了しました





昨日、大盛況で終了しました展示会の

イベントのひとつ『チョットだけ友禅染体験』の様子を

初めて、動画でアップしてみました!


この様子は、半襟を染めている様子です。


はじめは、「私は絶対に、出来ないわ~」

言っていたお客様も作家さんの

助けもあり、終わってみると

みなさん、プロ並み?!

仕上がり、世の中に1枚の

半襟や、ふくさ、ひざ掛けなどを

染めて楽しんでいました。

e0009862_184507.jpg

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-11 18:08 | イベント・展示会のお知らせ | Comments(0)

本日 最終日です

当店でお世話になっている、京都のロウケツ染の先生の
展示会が、本日最終日になりました。


e0009862_1126544.jpg


お陰様で、お客様に大変喜んでいただき
写真のような、友禅体験も出来るので
みなさん、喜んでお帰りになりました

ちなみに、上の写真は半襟をお客様が染めているところです
なかなかgood でっしゃろ003.gif


最初は、みなさん「私は無理よ~」 「絵心がないから」なんていっていましたが
作家さんの、お助けもありみなさんそれぞれに
ステキな、色に染めていました。


ちなみに、地震で有名になった道南の奥尻島には
面白い形をした、岩があり
鍋つるのような、形をしているので
「鍋つる岩」といいます。

そんな、帯をろうけつ染めにしていただくと
e0009862_11302389.jpg


こんな感じです。

ちなに、前柄は「美瑛の丘」の柄ですヨ


このブログを、ご覧のあなた
是非、友禅体験をしてみてください
本日、午後7時までの受付ですよ~
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-10 11:59 | イベント・展示会のお知らせ | Comments(0)

チョットだけ島屋

いつも、私のしょ~もないブログを見ていただいてありがとうございます040.gif

本当に、タイトル通り「支離滅裂」なブログです024.gif


今日は、チョットだけ島屋についてお伝えいたします。

当店は、お陰様で70周年を迎えます。

私の、祖父母(共に90代でまだ元気です)が創業して

苦難の戦争時代も乗り越えましたが

戦後約3年ほど、祖父(現島屋会長)はカラフトに

抑留されていたそうです。

私は、その苦労からするとたいした事ないな~と

いつも、思っています。


会長が、カラフトに抑留されていた時は

マイナス30度にならないと、その日の作業は

中止になったそうですが、それ以外は

過酷な、労働を強いられたそうです。007.gif


当時の話を聞かせてもらおうとしますが

辛かった思い出がよみがえるようで

あまり、聞いても話をしなくなりました。


戦争のドラマや映画などがありますが

「あんなものではない」
と言うことで本当に辛かったと思います007.gif



話が、大きくそれてすみません040.gif


創業して、コツコツと商売をして少しずつ貯えた資金で

小さなお店を作りました。

それが、以前もブログに写真を載せましたが こんなお店です↓
e0009862_11352691.jpg



その時の紹介ブログがコチラ

電話番号の局番が1桁!すごい

この時代に、タイムとラベルしてみたいですね。



時は流れ・・・・・お客様にも恵まれ、いい社員さんにも恵まれ

島屋もチョットだけ、大きくさせていただきました。

↑の写真の店舗では、商品などもまかないきれなくなったので

新社屋を建てさせていただきました
e0009862_11564582.jpg


この写真の方が、古いみたいですね。

そしてこの写真の裏には、万年筆で

『新築された 島屋呉服店の正面全景と従業員さんの一部と 
 男子社員さんは外売り専念のため不在です』 
と書かれてありました。


私の、記憶ではこのときの社屋が少しだけ残っています。

この時代は、とても人通りが多くまた着物を着る方も

とても多かったので、朝から晩まで絶えずお客様がご来店くださったそうです

また、年末年始も新しい着物で年越しをしようというお客様が多く

夜遅くても、お客様が絶えず 大晦日は24時間営業だったとのこと・・・・・


ただ、残念ながらこの社屋の隣りにあったビルが火事になり

そのもらい火で、火事になってしまい

消火の際の、水で商品はずぶ濡れで

ただ、水に濡れただけならまだしも

木造だったため、その燃えた木のすすを含んだ

水だったので、もう商品としては使えず

お客様から、しみ抜きや加工上がりのお品を

お預かりさせていたいましたが、その商品まで

すす水で、大被害にあい

お客様にも、大変ご迷惑をかけてしまったと聞いています。


チョット長くなりそうなので、とりあえずこのパートは終わりますが

また、追加しますのでよろしくお願いします
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-08 19:17 | 店長の独り言 | Comments(2)

訪問着でも、付下げでも、小紋でもない 着物 それは・・・・・

e0009862_10585350.jpg



『社交着』新作発表会

下記の日程でとっても楽しい、イベントをしますので

みなさん是非いらして下さい!


と き 9月7日(日)・8日(月)・9日(火)・10日(水)
入場受付:午前10時~午後7時
ところ 島屋特設会場
狸小路8丁目 フリーダイヤル 0120-18-9103




訪問着でも、付下げでも、小紋でもない 着物 それは・・・・・
e0009862_10592841.jpg



『社交着』です


社交着って、何? と思われる方も多いと思います


それは

訪問着でも、付下げでも、小紋でもない 着物です。003.gif

どんなきものか、是非皆さん見にいらしてください。


回は、当店でも大変お世話になっていて

楽しい先生なので私も、大好きな作家さんのお一人の

「狩野 嘉一郎先生」を京都の工房からお招きして


ご来店の方には、「チョットだけ友禅体験」をしていただきたいと

思っています。


チョットだけ友禅体験とは

半襟やふくさやを、狩野先生と一緒に友禅染していただけます
e0009862_013334.jpg



生地は、もちろん正絹(絹100%)に先生が

京都で地色だけ、染めてきますので

白抜きで残っている、柄(主に花柄)のところに

ご自分の、お好きなお色を染めていただけます。056.gif

もし、絵心がない方でも大丈夫

狩野先生が、親切丁寧にアドバイスしていただけるので

絶対に、失敗はありませんのでご心配なく024.gif


そして、もうひとつは「オリジナル扇子作成」です
e0009862_0333242.jpg



こんな感じで、扇子に貼る扇形の和紙に

狩野先生のお名前と落款049.gif

そして、あなたのお好きなお花は狩野先生が書いてくれますから

そのお花の、色をあなたに染めていただきます

そして、あなたのお名前を先生に書いていただきます

そして、扇骨(せんこつ)をあわせるとこんな感じです↓
e0009862_0342111.jpg



その和紙を、京都に先生がお持ち帰りいただいて

扇子職人さんに、仕上がりまで加工していただけます。035.gif



半襟、ふくさ、扇子作成はいづれもたったの2千円ですので

興味のある方は、島屋にいらしたことのない方でも

お仲間も誘って、お気軽にドシドシご参加くださいませ!

ただ、事前染めなどの準備の都合上

出来るだけ、どの「チョットだけ友禅体験」をされたいかを

コチラから、お知らせ下さい。


こんな体験、なかなか出来ませんよ
[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-04 01:19 | イベント・展示会のお知らせ | Comments(0)

とうもろこし コーン とうきび

e0009862_23294376.jpg



店長! また、食べ物かい! 

って言われそうですがすみません(笑


先日、お客様から電話があり030.gif


『店長~ 今から来れないかい? とうきび、持ってきな~』
言う事でいただきま~す。041.gif


ちなみに、私はただお湯で10分ほど煮てから

濃~い食塩水につけていただきます。


レンジでチンする事もありますが、一番美味しいのは

ゆでてから、炭火で焼きながら

バター醤油をつけて、いただきます068.gif


止められまへん!035.gif

[PR]
by simaya_tanuki8 | 2008-09-03 23:37 | 店長の独り言 | Comments(0)


日本で唯一親子孫三代現役の札幌は狸小路8丁目 創業79年目の呉服店 三代目店長が日常、感じたこと思った事を書き留めてます


by simaya_tanuki8

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

カテゴリ

全体
きものビギナーの方へ
きもののある風景
店長の独り言
心あたたまる 素敵なお話
メディアへの掲載
イベント・展示会のお知らせ
きものでのお稽古
オススメのお品!
きもの ビフォアー & アフター
男物
未分類

最新のコメント

>シノブさま コメント..
by simaya_tanuki8 at 11:39
江戸小紋どれも素敵で、ず..
by シノブ at 23:36
こんにちは! その節は大..
by simaya_tanuki8 at 21:54
月曜昼近くに伺い、長居し..
by akemifa at 21:28
ありがとうございます! ..
by simaya_tanuki8 at 00:43
良いですね〜^ ^
by もも at 21:01
マー子さん お返事が誠..
by simaya_tanuki8 at 18:10
店長さん、島屋の皆さんい..
by マー子 at 23:58
小原さま コメント感謝し..
by simaya_tanuki8 at 19:55
島屋さま、はじめまして。..
by 小原美都 at 20:09

メモ帳

みなさん、こんにちは ブログってナニ?と思ってから早○○ヶ月・・・やっと本腰上げて作ろうと思ってみましたが、イマイチわからず当店の上の十石 TENSTONEの店長さんに教えてもらってはじまりました~
でも、どんな風になるかわ分りません(^_^;)

当店のホームページへ

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

フォロー中のブログ

器・UTSUWA&陶芸blog
福うさぎの工房

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

着物・和装
40代

画像一覧